脳科学者一覧(中野信子・茂木健一郎・苫米地英人etc.)
なるには?最も有名なのは?

脳科学者と一口にいっても、中野信子、茂木健一郎、苫米地英人、澤口俊之、池谷裕二、川島隆太、黒川伊保子、瀧靖之、篠原菊紀など、多くの方がいらっしゃいます。 ここでは国内の著名な脳科学者について、著書や現職・出身校をまとめ、「最も有名な脳科学者」をみていきます。

日本人は賢いのに、なぜ労働生産性が低い?

学歴の意味と価値【「優秀さ」の脳科学】

性依存症(セックス依存症)の脳科学

朝食を抜くと脳や健康にどのような影響を与えるか【欠食の脳科学】

予言者の起源であるシャーマンと精神医学・脳科学

サイコパス(≒反社会性パーソナリティ障害)の特徴【精神病質者の脳科学】

なぜ脳は左脳と右脳に分かれているのか

 多くの人が一度は聞いたことがあるように、ヒトの脳は左と右とでそれぞれ異なる役割を担っている。たとえば大脳の左半球は、言語の処理を担っている。また、他の動物と比べてはるかに器用な動きをする右手の制御も左半球が担っている。これに対して大脳の右…

「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~

言葉の心理学~言葉が印象・記憶・判断に与える影響について~

ヒトの知能の高さは、言語能力によって実現された。
【言語の脳科学・人類学・進化学】

「孤独」は心と身体にどのような影響を与えるか
~脳科学・心理学の観点からの考察~

脳の発達の38週間~受精から誕生まで~

ヒトの脳は、母体で受精した後、38週で形成される。以下では、ヒトの脳が受精から出生に至る38週の間でどのように形づくられ、発達していくのかについてみる。■受精から出産までの脳の発達受精後に始まるヒトの脳の形成と発達は、生命そのものの…

他者への“優位性”がヒトの人格を歪める。
「パワハ…

子どもから大人への第一歩は、「心の理論」の理解
~…

「病は気から」の脳科学

脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”

ピックアップ記事

注目記事

脳の基本構造ー各部位の名称と機能についてー

【目次】0.頭皮から脳までの構造1.大脳・小脳・脳幹・1-1.大脳・1-2.小脳・1-3.脳幹2.前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉・2-1.前頭葉・2-2.頭頂葉・2…

ピックアップ記事

おすすめ記事

正しい判断を誤らせる“同調の心理”

 進化によって高い知能を得た人類といえども、その知能によって常に適切な判断を下すことが可能なわけでは…

【特集】宇宙・地球・生命・人類の誕生と起源、進化の137億年の歴史

ヒトの一生がおよそ100年であることを考えると、かつて類人猿が二足歩行を始めてから今日に至るまでの7…

脳の発達の38週間~受精から誕生まで~

ヒトの脳は、母体で受精した後、38週で形成される。以下では、ヒトの脳が受精から出生に至る38週の間で…

脳の進化の5億年~誕生からヒトまでの軌跡~

 地球上に存在する全ての動物は、脳を持つ。動物は脳を持つことで、高度な情報処理を可能としている。たと…

驚異的な記憶力・計算力・創作力を発揮する「サヴァン症候群」の能力や原因について

 サヴァンとは、知能検査などによって精神遅滞と判定される者のうち、稀に特殊な領域にのみ際立った能力を…

ピックアップ記事

PAGE TOP