人は、どこまで“誰か”になれるのか。【ファッションメイクの脳科学】

 一般に、人は誰かの外見を見ただけでその人のパーソナリティや性格を判断しています。その判断の基準はさまざまですが、中でも顔は印象を強く決定づける要素のひとつです。 メイクは服装と同じく自己を表現する手段として、日常的におこなわれてい…

「君が好きだと叫びたい?」3つの要素からなる8つの愛と、心理学者ナップの恋愛関係の段階的変化」

【睡眠と夢の脳科学】眠りは心と脳にどのような影響を与えるか。

「暴力の人類史」にみる狂気・悪意・犯罪の脳科学・心理学

驚異的な記憶力・計算力・創作力を発揮する「サヴァン症候群」の能力や原因について

なぜ脳は左脳と右脳に分かれているのか

 多くの人が一度は聞いたことがあるように、ヒトの脳は左と右とでそれぞれ異なる役割を担っている。たとえば大脳の左半球は、言語の処理を担っている。また、他の動物と比べてはるかに器用な動きをする右手の制御も左半球が担っている。これに対して大脳の右…

「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~

言葉の心理学~言葉が印象・記憶・判断に与える影響について~

ヒトの知能の高さは、言語能力によって実現された。
【言語の脳科学・人類学・進化学】

「孤独」は心と身体にどのような影響を与えるか
~脳科学・心理学の観点からの考察~

脳の発達の38週間~受精から誕生まで~

 ヒトの脳は、母体で受精した後、38週で形成される。以下では、ヒトの脳が受精から出生に至る38週の間でどのように形づくられ、発達していくのかについてみる。■受精から出産までの脳の発達 受精後に始まるヒトの脳の形成と発達は…

他者への“優位性”がヒトの人格を歪める。
「パワハ…

子どもから大人への第一歩は、「心の理論」の理解
~…

「病は気から」の脳科学

脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”

ピックアップ記事

注目記事

脳の基本構造ー各部位の名称と機能についてー

【目次】0.頭皮から脳までの構造1.大脳・小脳・脳幹・1-1.大脳・1-2.小脳・1-3.脳幹2.前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉・2-1.前頭葉・2-2.頭頂葉・2…

ピックアップ記事

おすすめ記事

笑顔が与える心理的効果とは?
「美人」を生み出す表情の脳科学

 笑顔には、人を惹きつける魅力がある。 近年では、笑顔がもつ様々な効果の検証結果が報告されて…

脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”
『α波がリラックスに最適』を覆す瞑想(マインドフルネス)の脳科学

 一般的に、集中したときに脳は疲れ、何も考えていないときには脳が休まると考えられている。しかし近年の…

「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~

 ヒトの「好き」という気持ちは、対象物の性質だけでなく、対象物に接触する回数や、保有することによって…

追憶と懐古の脳科学 ~ノスタルジーは我々にどのような効果をもたらすか~

 誰にでも、昔を思い返すときがある。小学生の頃の夏休みの記憶、高校生のときに友人たちと無邪気に笑い合…

なぜ女子高生の後ろ姿は美しいのか【美の想像の脳科学】

 ヒトは、見えないものを想像する生き物である。 「想像」という能力は、ヒトが進化の過程で身に…

ピックアップ記事

PAGE TOP