コラム

音楽は脳にどのような影響を及ぼすか。
ーストレスを軽減させ、作業効率を高めるBGMの脳科学ー

 ストレス社会といわれる今日において、ストレス対策は急務であるといえる。また、多忙な毎日を無駄なく過ごすためには、作業の効率化も重要となる。

 『ストレス対策』と『作業の効率化』の両方を実現するために活用できる要素のひとつとして、音楽があげられる。“音楽心理学”という学術分野では、音楽がヒトの心理や脳、さらには身体にどのような影響を与えるかについてさまざまな研究がなされている。ここでは、音楽心理学と脳科学の観点から、ストレスを和らげ、日々の作業を快適なものにするために適した音楽についてみていく。

【目次】
1.リズムや音楽がヒトの心身に与える影響を調べた実験
2.なぜ3拍子がヒトの心身に良い影響を与えるのか
・2-1.ヒトが生まれながらに知っているリズム
・2-2.『3拍子』の軽快さと安らぎ
3.『ストレス対策』と『作業の効率化』のために

1.リズムや音楽がヒトの心身に与える影響を調べた実験


 聖隷クリストファー大学の研究チームは、健常な成人男性を対象に2拍子、3拍子、4拍子の音をランダムに聞かせて各拍子における心拍変動を測定した。その結果、すべての拍子で副交感神経活動(※血圧や心拍数を下げたりする、安静時に働く活動)が平常時と比べて増加した。また、3拍子の聴取によって心拍数が減少したことから、3拍子は他の拍子に比べて副交感神経の活動を促進させる特徴をもち、生体調整に与える効果が大きいことが分かった。

 この実験では、音のテンポ(間隔時間)が生体に与える影響として、1秒より遅いテンポは生体に大きな変化を与えないが、0.8秒より速いテンポは生体に緊張と不快感を与えることが分かっている。そこで、音楽の重要な構成要素のひとつであるリズムが生体に与える影響を2拍子、3拍子、4拍子の聴取時と平常時で比較することで、拍子の違いが自律神経系(=副交感神経と交感神経(※血圧や心拍数を高めたりする、激しい運動時に働く活動))に与える影響を確認する実験も行われた。
 その結果、平均値は3拍子、4拍子、2拍子の順に平常時よりも増加した。すなわち、音の聴取によって副交感神経活動が増加する傾向を示した。一般に、副交感神経と交感神経は拮抗する作用をもつと考えられているが、この研究においても、音の聴取は副交感神経活動を増加させ、交感神経活動を抑制させる機能をもつことが分かった。副交感神経活動の促進はストレス受容後の回復に効果があるという報告から、3拍子の音楽は4拍子の音楽と比較してストレス受容後の回復に対していっそうの効果があると考えられる。

2.なぜ3拍子がヒトの心身に良い影響を与えるのか

 3拍子のリズムは、ヒトの心理・脳、そして身体に良い影響を与える。これには、ヒトの心臓の鼓動が関係していると考えられている。

2-1.ヒトが生まれながらに知っているリズム

 心臓の鼓動は、一般的には2拍子と考えられがちだが実は3拍子である。

 心臓の鼓動のリズムを言語化すると、『ド・ク・ン』でひとつの節になる。すなわち、心臓の鼓動のリズムは『ド・ク・ン』『ド・ク・ン』『ド・ク・ン』である。(一般的にイメージされがちな2拍子の『ドクン・—』『ドクン・—』は誤り)
 心臓の鼓動は3拍子であり、ヒトは生まれる前からこの3拍子を聴いているために、ゆったりとした3拍子の音楽を聴くと心が落ち着くと考えられている。なお、日本では日本語の性質(※母音と子音がひとつの音になり、ひとつの言葉(文字)にひとつのリズムが割り当てられることが多いという性質)上、4拍子の音楽が主流となっている。これに対して、中世のヨーロッパや現在のアフリカ・中南米などでは3拍子の音楽も多くみらえる。

 音楽学者の塚田健一氏は、自身の著書『アフリカの音の世界』にて以下のようなことを書いている。

「太鼓の音は心臓の音だ」アフリカの人々はよくいう。そういえば、アフリカの音楽は三拍がひとまとまりになって聞こえてくる曲が多い。もしそうだとすると、アフリカの人々はいつも心臓の(中略)音など聞いているのだろうか。それはおそらく、狩りのときだろう。森の中で獲物にねらいをさだめて、じっと息を凝らす。まわりは無音の真空状態となって、自分の体内の音だけが浮き上がって聞こえてくる。心臓の鼓動だ。

 これを裏付けるように、ジャズミュージシャンであり大学の准教授でもある坪口昌恭氏は自著『アフリカ音楽分析――ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律――』の中で

アフリカン・ポリリズムの特徴として、一見8 分や16分音符の譜割りに感じられるが、実は1 拍を3 連符で分割し裏拍にアクセントがあるようなものが多い。

4分3連、8分3連、8分と、オーソドックスなポリリズムの要素で成り立っている

として、アフリカでは3拍子(3連符)が多いことを研究によって明らかにしている。

 これに対して、日本人にとっては昔から4拍子の音楽になじみがあり、現代になってもその傾向は変わっていない。J-POPのランキングで上位の多くは、4拍子系で占められている。

2-2.『3拍子』の軽快さと安らぎ

 ヒトの身体が左右対称であることを考えると、例えば歩きながら『1、2、3、4』と数えると、手足は“右、左、右、左”となって収まりがよい。これに対して、3拍子であれば“右・左・右”、“左・右・左”となり、拍の出だしで手足が右、左と変化するので躍動感が出る。こうした理由から、ややアップテンポの3拍子は踊りのリズムに適しており、軽快さを感じさせる拍子となっている。3拍子で代表的な曲としては、ヨハン・シュトラウス2世のワルツ『春の声』があげられる。

 3拍子は体が自然と動き出す踊りのリズムであると同時に、テンポを落とことでと安らぎを与える音楽にもなる。代表的な曲としては、同じくヨハン・シュトラウス2世の作曲した『美しく青きドナウ』がある。

 なお、作曲家のバッハは3拍子で安らぎの雰囲気を作るのが得意だったといわれている。代表曲のひとつが『メヌエット』である。

 日本人になじみのある曲の例では、『ふるさと』や、童謡の『ぞうさん』などがあげられる。

3.『ストレス対策』と『作業の効率化』のために

 ヒトの心臓の鼓動が3拍子であるため、3拍子は安らぎを感じさせるリズムとなる。また、テンポを速めることで軽快さ感じさせることもできる。それゆえ、ストレスを和らげるという目的や、作業効率を高めるという目的であれば、3拍子の音楽が適している。
 優雅に時を過ごしてストレスを解消するのであれば、オーケストラで軽快に演奏されるヨハン・シュトラウスの『春の声』や『美しく青きドナウ』が、そして静かな環境でのんびりかつ集中して作業に取り組むのであれば、ややスローテンポで音色の数も控えめなバッハの『メヌエット』がおすすめといえる。

 音楽心理学や脳科学の観点から、音楽がヒトの心や身体にどのような影響を与えるのかが解明されつつある。ヒトの健全な生活の実現のために、音楽はもはや不可欠な要素であるといっても過言ではない。

◇参考サイト
音の拍子の違いがヒトの自律神経活動および心拍数に与える影響
音楽の拍子の違いが精神的ストレスからの回復に与える効果の比較
アフリカ音楽分析――ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律――

関連記事

  1. 「病は気から」の脳科学
  2. 不倫と浮気の脳科学―男女の心理・思考メカニズムについて―
  3. 今日からできる! ストレスを打ち消すための食事と運動
  4. ヒトの知能の高さは、言語能力によって実現された。
    【言語の…
  5. 脳の基本構造ー各部位の名称と機能についてー
  6. 脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”
    『α…
  7. 他者への“優位性”がヒトの人格を歪める。
    「パワハラ」がう…
  8. 脳の発達の38週間~受精から誕生まで~
PAGE TOP