コラムストレス・リラックス

  1. 「ストレス」が身体に悪いのではなく、
    「ストレスが身体に悪いという認識」が身体に悪い。
    -ケリー・マクゴニガルに学ぶ健康心理学-

     「ストレスが、身体に悪影響を及ぼす―――」 これは、多くの人が直感的に理解できるひとつの定説である。いわば、“一般常識”である。とはいえ、今となっては一般常識ともいえるこの認識は、医学の歴史全体からみると極めて浅い歴史しか持たない。 英…

  2. 人は、どこまで“誰か”になれるのか。【ファッションメイクの脳科学】

     一般に、人は誰かの外見を見ただけでその人のパーソナリティや性格を判断しています。その判断の基準はさ…

  3. 【睡眠と夢の脳科学】眠りは心と脳にどのような影響を与えるか。

     誰の身近にもありながら、その詳細な仕組みはほとんど知られていない「睡眠」。本稿では、そんな睡眠が心…

  4. 追憶と懐古の脳科学 ~ノスタルジーは我々にどのような効果をもたらすか~

     誰にでも、昔を思い返すときがある。小学生の頃の夏休みの記憶、高校生のときに友人たちと無邪気に笑い合…

  5. 「病は気から」の脳科学

     「病は気から」という言葉は、多くの人が一度は耳にしたことがある言葉である。とはいえ、その真偽につい…

  6. 「孤独」は心と身体にどのような影響を与えるか
    ~脳科学・心理学の観点からの考察~

  7. 脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”
    『α波がリラックスに最適』を覆す瞑想(マインドフルネス)の脳科学

  8. 音楽は脳や心にどのような影響を与えるか。
    ーストレスを軽減させ、作業効率を高めるBGMの脳科学ー

  9. 今日からできる! ストレスを打ち消すための食事と運動

PAGE TOP