コラム脳と言語

  1. バイリンガルの脳は特別か-多言語使用の脳科学-

     市場や文化のグローバル化が進む昨今でも、バイリンガル(二ヶ国語を話す人)の存在は、こと日本では未だめずらしいものかもしれない。ヨーロッパ諸国では母国語+英語が当たり前のように話されるためバイリンガルは驚きに値しないが、日本人には…

  2. 大学受験は、知能を高めるための効果的な思考訓練となる。

     言語能力は、知能と一定の関連性がある。それゆえ、ヒトの知能を高めるための思考訓練として言語の高度な…

  3. 母国語が異なれば思考も異なる。
    日米中韓4ヶ国語の比較にみる「言語と思考の脳科学」

    言語は、ヒトが思考を行うために不可欠な要素となっている。ヒトの判断や認識は、多くの場合に言語に基づく…

  4. 言葉の心理学~言葉が印象・記憶・判断に与える影響について~

    言葉は、読み手や聞き手に様々な印象を与える。また、伝える順序や文言の違いによって聞き手の印象や判断、…

  5. ヒトの知能の高さは、言語能力によって実現された。
    【言語の脳科学・人類学・進化学】

     ヒトをヒトたらしめる要素として、様々な能力や性質を挙げることができる。たとえば、『道具の使用』や『…

PAGE TOP