コラム心理学

  1. 人は、どこまで“誰か”になれるのか。【ファッションメイクの脳科学】

     一般に、人は誰かの外見を見ただけでその人のパーソナリティや性格を判断しています。その判断の基準はさまざまですが、中でも顔は印象を強く決定づける要素のひとつです。 メイクは服装と同じく自己を表現する手段として、日常的におこなわれてい…

  2. 「君が好きだと叫びたい?」3つの要素からなる8つの愛と、心理学者ナップの恋愛関係の段階的変化」

    愛や恋は、ときに媚薬でありときに劇薬です。愛や恋は人を幸せにすることも不幸にすることもあります。古来…

  3. 笑顔が与える心理的効果とは?
    「美人」を生み出す表情の脳科学

     笑顔には、人を惹きつける魅力がある。 近年では、笑顔がもつ様々な効果の検証結果が報告されて…

  4. 飼い犬と飼い主の絆に迫る「ペットの脳科学」
    ~イヌとヒトの心と感情を探る~

     古くからヒトの友であるイヌは、数多くいる動物の中でも最古のパートナーである。犬のペットとしての歴史…

  5. 異を唱える者をも従わせる「権威と服従の心理学」

     組織犯罪やグループ犯罪では、容疑者(または被告人)は「自分は命令に従っただけなので無罪だ」と主張す…

  6. 「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~

  7. 言葉の心理学~言葉が印象・記憶・判断に与える影響について~

  8. 感覚がもたらす誤った選択

  9. 正しい判断を誤らせる“同調の心理”

  10. 他者への“優位性”がヒトの人格を歪める。
    「パワハラ」がうまれるメカニズム

PAGE TOP