コラム

  1. バイリンガルの脳は特別か-多言語使用の脳科学-

     市場や文化のグローバル化が進む昨今でも、バイリンガル(二ヶ国語を話す人)の存在は、こと日本では未だめずらしいものかもしれない。ヨーロッパ諸国では母国語+英語が当たり前のように話されるためバイリンガルは驚きに値しないが、日本人には…

  2. 「ヒトの脳は10%しか使われていない」という説の真偽

    「ヒトの脳は10%しか使われていない」という話は、脳科学に興味がある者だけでなく、興味のない者でも…

  3. 「ストレス」が身体に悪いのではなく、
    「ストレスが身体に悪いという認識」が身体に悪い。
    -ケリー・マクゴニガルに学ぶ健康心理学-

     「ストレスが、身体に悪影響を及ぼす―――」 これは、多くの人が直感的に理解できるひとつの定説であ…

  4. 脳科学者一覧(中野信子・茂木健一郎・苫米地英人etc.)
    なるには?最も有名なのは?

    脳科学者と一口にいっても、中野信子、茂木健一郎、苫米地英人、澤口俊之、池谷裕二、川島隆太、黒川伊保子、瀧靖之、篠原菊紀など、多くの方がいらっしゃいます。 ここでは国内の著名な脳科学者について、著書や現職・出身校をまとめ、「最も有名な脳科学者」をみていきます。

  5. 脳科学が学べる大学・大学院

    科学技術の進歩により、ますます新たな分野が切り開かれることを期待されている脳科学。近年ではテレビや…

  6. IQとEQ
    -組織や社会で成功するために必要な能力とは-

  7. 精神鑑定の脳科学

  8. 脳科学はビジネスの世界でどうあるべきか。“疑似科学”からの脱却と、マーケティングを超えたグロースハック戦略

  9. カプグラ症候群とフレゴリ症候群

  10. 人は、どこまで“誰か”になれるのか。【ファッションメイクの脳科学】

  11. 「君が好きだと叫びたい?」3つの要素からなる8つの愛と、心理学者ナップの恋愛関係の段階的変化」

  12. 【睡眠と夢の脳科学】眠りは心と脳にどのような影響を与えるか。

  13. 「暴力の人類史」にみる狂気・悪意・犯罪の脳科学・心理学

  14. 驚異的な記憶力・計算力・創作力を発揮する「サヴァン症候群」の能力や原因について

  15. なぜ脳は左脳と右脳に分かれているのか

  16. 知能の進化・発達に限界はあるか。~137億年前に定められた物理学・生物学的極点~

  17. 追憶と懐古の脳科学 ~ノスタルジーは我々にどのような効果をもたらすか~

  18. なぜヒトには感情があるのか。原始的な感情と、それらを生み出す神経伝達物質

  19. 笑顔が与える心理的効果とは?
    「美人」を生み出す表情の脳科学

  20. 人工知能(AI)投資ロボアドバイザーは、老後資産2000万円時代の資産形成の救いとなるか

  21. 【記憶の脳科学】なぜヒトは覚え、忘れるのか~記憶の仕組み/記憶力を高める方法~

  22. 飼い犬と飼い主の絆に迫る「ペットの脳科学」
    ~イヌとヒトの心と感情を探る~

  23. 異を唱える者をも従わせる「権威と服従の心理学」

  24. 大学受験は、知能を高めるための効果的な思考訓練となる。

  25. 母国語が異なれば思考も異なる。
    日米中韓4ヶ国語の比較にみる「言語と思考の脳科学」

  26. 【特集】宇宙・地球・生命・人類の誕生と起源、進化の137億年の歴史

  27. 脳の成長の80年~生後0日からみる、年齢別の脳の変化~

  28. 脳の基本構造ー各部位の名称と機能についてー

  29. 脳の発達の38週間~受精から誕生まで~

  30. 「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~

PAGE TOP