コラム

なぜ女子高生の後ろ姿は美しいのか【美の想像の脳科学】

 ヒトは、見えないものを想像する生き物である。この能力は、ヒトが進化の過程で身に付けた能力である。

 生命活動の大原則である“子孫の繫栄”の可能性を高めるためには、まだ在りもしない未来を想像する能力が役立った。存在しないものを想像できる能力は、進化の過程における生存競争でヒトを優位な立場に立たせた。「もしも敵が襲ってきたら」「もしも来年が不作だったら」「もしも怪我をしたら」など、未来の「もしも(if)」を想像し、それに備えることで他の生き物よりも有利に生き延びてきた。実在しないものを想像できる能力は、やがて宗教や芸術を生み出し、フィクションの世界へと意識を投じさせた。

 「想像」のメリットは現代社会においても多くみられ、例えば翌週末のバーベキューの準備や仕事での長期プロジェクトの準備など、“まだ存在していない事柄”を想像できることが日常生活をより安全で豊かなものにしている。

ヒトが持つ「補完能力」

 ヒトの想像力は、「補完能力」を生み出す。
 下図は、「カニッツァの三角形」と呼ばれる錯視図形である。イタリアの心理学者であるガエタノ・カニッツァによって1955年に発表された。3つの黒い円の中心に白い三角形が知覚されるが、実際には三角形は存在していない。

 このように“実在していないにもかかわらず、実在しているように見える輪郭”は、主観的輪郭と呼ばれる。こうした主観的な補完は、「モーダル補完」と呼ばれる。

 ヒトが主観的に補完する情報は、輪郭に限らない。その例の一つが、下図に書かれたアルファベットと数字の羅列である。

 上図の「A」と「C」の間にある文字と、「12」と「14」の間にある文字は同一のものである。しかし多くのヒトは、それが「A」と「C」の間にあれば「B」と認識し、「12」と「14」の間にあれば「13」と認識する。(いずれも同一の記号であるにもかかわらず。)

 ヒトの想像力は、存在しない事実を存在するかのように認識したり、ひとつの事実を時と場合によって異なるものとして認識したりする。こうした能力もまた、ヒトが進化の過程で身に付けた能力である。

なぜヒトは美を求めるのか

 生存競争に有利に働く情報は、脳の報酬系を活性化させる。すなわち、ヒトの心に良い感情を引き起こす。自然界においては、正常なものは左右対称であることが多く、これに対して異常なものは左右非対称であることが多い。それゆえヒトは、自らの安全のために左右対称なものが安全で、そして美しいものであると認識するようになった。これが、美しさの認識の始まりである。その後、生物学的な女性の美しさとして、白い肌や大きな瞳、丸みのある身体などを美しく感じるようになった。

 本稿のタイトルに戻れば、「なぜ女子高生の後ろ姿は美しいのか」の答えは、“見えない正面は、きっと美しいものである”という期待を生じさせ、それゆえ後ろ姿もそれに影響を受けて美しく見えるからである。
 後ろ姿しか見えない対象物の前面の美しさを想像し、脳の報酬系を活性化させることで、より優秀な子孫を残す動機づけを行うメカニズムがそこには存在している。見えないものを美しく想像するほうが、脳はそうでない場合に比べてヒトをより行動的にさせ、生命活動の大原則である“子孫の繫栄”の可能性を高めることができる。こうした理由から、出産が可能で最も若い年代である女子高生の後ろ姿は、多くのヒト(とりわけ男性)には特に美しくみえるのである。

◆参考文献
・現実を生きるサル 空想を語るヒト―人間と動物をへだてる、たった2つの違い

◆参考サイト
京都大学「モノの背後を見る脳の仕組みを解明 」

関連記事

  1. 異を唱える者をも従わせる「権威と服従の心理学」
  2. 今日からできる! ストレスを打ち消すための食事と運動
  3. よくわかる心理学講座 vol.2~心理学者ナップの「恋愛関係の段…
  4. 脳の成長の80年~生後0日からみる、年齢別の脳の変化~
  5. 「暴力の人類史」にみる狂気・悪意・犯罪の脳科学・心理学
  6. 【詳説】精神病・精神障害(精神疾患)の違いとは?種類や症状、特徴…
  7. よくわかる心理学講座vol.1~マズローの欲求5段階説って、なに…
  8. 【睡眠と夢の脳科学】眠りは心と脳にどのような影響を与えるか。
PAGE TOP