違法薬物(覚醒剤・大麻・麻薬など)が脳に快楽と苦痛を与える仕組み【薬物の脳科学】

覚醒剤や大麻、麻薬などの違法薬物の使用が、ヒトに快楽や苦痛をもたらすことは広く知られている。近年ではインターネットの普及により、内閣府や警察庁、厚生労働省などのホームページにて違法薬物がもたらす影響や所持・使用による罪状・量刑なども知ること…

脳科学者一覧(中野信子・茂木健一郎・苫米地英人etc.)
なるには?最も有名なのは?

日本人は賢いのに、なぜ労働生産性が低い?

学歴の意味と価値【「優秀さ」の脳科学】

性依存症(セックス依存症)の脳科学

朝食を抜くと脳や健康にどのような影響を与えるか【欠食の脳科学】

予言者の起源であるシャーマンと精神医学・脳科学

なぜ脳は左脳と右脳に分かれているのか

 多くの人が一度は聞いたことがあるように、ヒトの脳は左と右とでそれぞれ異なる役割を担っている。たとえば大脳の左半球は、言語の処理を担っている。また、他の動物と比べてはるかに器用な動きをする右手の制御も左半球が担っている。これに対して大脳の右…

「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~

言葉の心理学~言葉が印象・記憶・判断に与える影響について~

ヒトの知能の高さは、言語能力によって実現された。
【言語の脳科学・人類学・進化学】

「孤独」は心と身体にどのような影響を与えるか
~脳科学・心理学の観点からの考察~

脳の発達の38週間~受精から誕生まで~

ヒトの脳は、母体で受精した後、38週で形成される。以下では、ヒトの脳が受精から出生に至る38週の間でどのように形づくられ、発達していくのかについてみる。■受精から出産までの脳の発達受精後に始まるヒトの脳の形成と発達は、生命そのものの…

他者への“優位性”がヒトの人格を歪める。
「パワハ…

子どもから大人への第一歩は、「心の理論」の理解
~…

「病は気から」の脳科学

脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”

ピックアップ記事

注目記事

脳の基本構造ー各部位の名称と機能についてー

【目次】0.頭皮から脳までの構造1.大脳・小脳・脳幹・1-1.大脳・1-2.小脳・1-3.脳幹2.前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉・2-1.前頭葉・2-2.頭頂葉・2…

ピックアップ記事

おすすめ記事

知能の進化・発達に限界はあるか。~137億年前に定められた物理学・生物学的極点~

 ヒトは700万年の進化の過程で、知能を獲得した。「ヒトの知能の進化・発達に限界はあるか」という疑問…

IQとEQ
-組織や社会で成功するために必要な能力とは-

 「IQ」という言葉を、一度は聞いたことがあるかもしれません。IQは知能指数を示す言葉で、いわゆる…

なぜヒトは「言った」「言わない」でモメるのか。【過誤記憶の脳科学】

 ヒトの記憶とは、往々にして曖昧なものである。多くの人にとって、「言った」「言わない」の議論をした…

砂糖は脳に良いか悪いか

 ヒトは、本能的に甘みを好む生き物である。生まれたばかりの乳児に「甘味」「苦味」「酸味」をなめさせ…

子どもから大人への第一歩は、「心の理論」の理解
~“相手の心の理解”がもたらすものとは~

子どもと大人の境界線は、たとえば法律であれば「満20歳」か「20歳未満」で判断が可能だが、生物学や人…

ピックアップ記事

PAGE TOP