コラム

【特別企画】人工知能(AI)投資ロボアドバイザーの運用実績を比較

 2010年頃から始まったといわれる第三次人工知能(AI)ブーム。現在は「ビッグデータ」と呼ばれる大量のデータを用いることで、人工知能(AI)自身が知識を獲得する「機械学習」が実用化されつつあります。
 オックスフォード大学で人工知能(AI)の研究を行うマイケル・A・オズボーンによると、今後は10~20年程度で(アメリカの)雇用の約47%が自動化される可能性が高いといわれています。「医療診断」「保険の審査」「クレジットカード申込者の承認・調査」「税務申告」「簿記・会計」「金融機関のアナリスト」など多くの知的労働が、ビッグデータを活用する人工知能(AI)によって可能になることが予想されています。
 そんな中、人工知能(AI)に株式や不動産への投資を委ねるという試みも盛んになりつつあります。現在では多くの証券会社が人工知能(AI)投資ロボアドバイザーを開発し、サービスを提供しています。

 ここでは特別企画として、進化した人工知能(AI)による投資がどの程度の利益(もしくは損失)を生じさせるのかについて、代表的なふたつの投資ロボアドバイザーを取り上げて比較していきます。

1.人工知能(AI)投資ロボアドバイザーの種類



 人工知能(AI)投資ロボアドバイザーには、以下のふたつの種類があります。

【投資アドバイス型】
 人工知能(AI)が投資に関するアドバイスを行います。利用者はそのアドバイスを基に売買を行います。

【投資一任型】
 人工知能(AI)が投資に関する判断と売買を行います。利用者は投資活動のすべてを人工知能(AI)に任せることができます。

 『アドバイス型』の場合、売買の最終的な判断は利用者(投資者)が行うことになるため、主に中級者~上級者向けであるといえます。これに対して『投資一任型』の場合、売買も自動で行われるため、主に初心者向きであるといえます。

2.『WealthNavi(ウェルスナビ)』と『THEO(テオ)』



 数多くある人工知能(AI)投資ロボアドバイザーの中で、ここでは代表的なふたつである『WealthNavi(ウェルスナビ)』と『THEO(テオ)』を取り上げます。これらは、いずれも投資に関する判断と売買をすべて担う“投資一任型”のロボアドバイザーです。

 このふたつの投資ロボアドバイザーの特徴は、以下のような「分散投資」を行うことで損失のリスクを抑えるという点にあります。

【地理的分散】
 特定の国にのみを投資先とすると、その国の経済が停滞したときに大きな損失となります。この点、投資先を複数の国や地域にすることで、いわゆる“総倒れ”のリスクを回避することができます。WealthNavi(ウェルスナビ)では50を超える国や地域、THEO(テオ)では80を超える国や地域を対象に投資を分散しています。

【投資対象の分散】
 投資の対象を特定の金融商品に限定することなく、株式や債券、不動産や金(きん)などに広げることにより、各分野での停滞による大きな損失を回避し、成長による利益を得ることを可能とします。

【長期運用による時間的分散】
 世界(国や企業)の経済規模は、短期的にみると停滞や縮小がみられることもあります。しかし、長期的にみると常に拡大の傾向にあります。人工知能(AI)による投資では、短期的な停滞や縮小時の損失を回避するべく長期運用が推奨されています。

 上記の分散投資によるリスク回避は人の手によっても可能ですが、高度な人工知能(AI)技術を活用することで、人為的ミスのない高い精度の投資が期待されています。

3.どの程度の利益が見込めるか


 WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)、ふたつの人工知能(AI)投資ロボアドバイザーの運用実績(利益率)は、各公式サイトによると以下の通りです。

■WealthNavi(ウェルスナビ)



(出典:WealthNaviの運用実績

 WealthNavi(ウェルスナビ)が公開しているデータによると、直近1年間の運用実績(利益率)は、預けた金額の+2.6%~+16.7%となっています。すなわち、投資ロボアドバイザーに100万円を預けることで1年後に102.6万円~116.7万円となっています。
 表にある『リスク許容度』とは、分かりやすくいえば“損失の可能性をどれほど受け入れられるか”を示すもので、1~5の間で投資者が自由に設定することができます。『リスク許容度1』は“小さな損失の可能性があり、小さな利益の可能性もある”というもので、『リスク許容度5』は“大きな損失の可能性があり、大きな利益の可能性もある”というものです。

【リスク許容度のイメージ】
・リスク許容度1:100万円を預けると、90万~110万円になる可能性が高い。
・リスク許容度3:100万円を預けると、70万~130万円になる可能性が高い。
・リスク許容度5:100万円を預けると、50万~150万円になる可能性が高い。
(上記の金額は一例)

 上記の表では、直近1年の運用実績(利益率)をみるとすべてのリスク許容度でプラスの結果となっていることから、人工知能(AI)投資ロボアドバイザーの精度の高さがうかがえます。もっとも、今後も同様にプラスの結果になることは約束されないという点に注意が必要です。

■THEO(テオ)



(出典:2018年1月までの実績に関して

 THEO(テオ)では、WealthNavi(ウェルスナビ)と異なり『リスク許容度』などの設定はありません。年齢、就業状況、資産を登録することで、自動で投資スタイルが決定されます。THEO(テオ)が公開しているデータによると、2016年2月~2018年1月の実績を年率に換算した運用実績(利益率)は、預けた金額の+6.59%となっています。

4.運用による実績の比較



 以下では、当サイトにてWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)のふたつの人工知能(AI)ロボアドバイザーに100,000円ずつ投資し、長期にわたって運用実績をみていきます。

■日ごとの推移


 運用開始から5日間の運用実績は以下の通りです。

 いずれも微増・微減を繰り返していることが分かります。
 利益を上げるための投資に求められるのは、『一度も値下がりしない銘柄を選ぶこと』ではなく『増減を繰り返しながらも長期的に値上がりする銘柄を選ぶこと』であるため、短期間の運用実績だけではその精度の高さは判断できないといえます。そこで、今後は以下の4つの期間で推移をみていきます。

・日ごとの推移(5日間の推移)
・週ごとの推移(5週間の推移)
・月ごとの推移(5ヶ月間の推移)
・年ごとの推移(5年間の推移)

■週ごとの推移


■月ごとの推移


■年ごとの推移


(2019年3月公開予定)

■最新の運用実績(2018年03月30日更新)



 5週目終了時点では、WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)のいずれも元本(100,000円)を下回っています。もっとも、相場が常に増減を繰り返すことを考えると、わずか5週間では各々の精度は判断できないといえます。

 日々進化を遂げる人工知能。投資の分野における有用性を確かめるには、もう少し時間がかかりそうです。

◇参考サイト
WealthNavi
THEO

関連記事

  1. 違法薬物(覚せい剤・大麻・麻薬など)が脳に快楽と苦痛を与える仕組…
  2. 今日からできる! ストレスを打ち消すための食事と運動
  3. 脳科学雑記
  4. 脳科学メディア広報部ブログ~nou~
  5. 幼児教育の脳科学 高い知能と豊かな心をもった“天才”は、どう育つ…
  6. 効果的な勉強法とは
  7. 【特集】宇宙・地球・生命・人類の誕生と起源、進化の137億年の歴…
  8. 脳の本質からみる社会形成
PAGE TOP