コラム

よくわかる心理学講座 vol.2~心理学者ナップの「恋愛関係の段階的変化」~

 多くの人にとって、恋愛は非常に興味深いものです。かつて、心理学者のマーク・ナップは、恋愛の始まりから終わりまでをそれぞれ5段階の階段にたとえました。

マーク・ナップが提唱する「恋愛関係の段階的変化」


 恋愛中の各段階には、次のような特徴があります。

上昇の5段階

・一段階目:「開始」
 第一印象が大きく影響する段階です。互いに相手に興味を示し、容姿や服装、声や話し方などから相手を知ろうとします。

・二段階目:「実験」
 相手の理解を深め、自分と同じ興味や関心を持っていないかを探る段階です。その探りによってこの段階に留まるのか、もしくは次の段階に進むかを判断します。

・三段階目:「強化」
 お互いにこれまで以上の個人的な話をして、お互いのことを理解し合おうとする段階です。警戒心がなくなり、互いに相手からのアプローチを期待するようになります。

・四段階目:「統合」
 いっそう関係が深くなり、心身ともに距離が縮まる段階です。この段階では愛の告白などもおこなわれるようになります。

・五段階目:「結束」
 互いの生活が一緒になる段階です。自分たちの関係をこれまで以上に周囲に広めるべく、結婚式や披露宴などをおこないます。

下降の5段階

・一段階目:「相違」
 互いの距離が縮まり過ぎたことで、ふたりの関係にヒビが入るようになる段階です。以前までの結束の強さや絆を感じにくくなります。

・二段階目:「制限」
 溜まり続けた不満がふたりの距離を広げ、これまでと同じようなコミュニケーションがとれなくなってくる段階です。大切な話を互いにしなくなります。

・三段階目:「停滞」
 関係の悪化が進み、改善が難しくなる段階です。離婚を考えることも多くなります。

・四段階目:「回避」
 互いのコミュニケーションがなくなり、同じ家に住んでいても別々に行動するようになる段階です。ただし、破局や離婚というつらい現実を避けるためにヨリを戻したいと考えるカップルもいます。

・五段階目:「終結」
 関係が終わりになる段階です。夫婦であれば離婚となり、それぞれ別々の人生を歩むことになります。

どうすれば関係を良くできるの?


 愛を育むため、もしくは愛が冷めないためにはいくつかのポイントがあります。たとえば、相手に対して細かすぎるところを気にしない、つまりは許すということや、ふたりで過ごす時間をつくる、または互いの共通の知人を持つなどです。まずは形だけでも相手を想っていることを伝え、自分にとっていかに大切な存在であるかを言葉にすることが大切です。
 ケンカの後に効果的なのは、「相手の話を積極的によく聞くこと」といわれています。離婚や破局の原因の65%がコミュニケーション不足にあるということを考えると、相手の話を聞くことがいかに大切であるかが分かります。

関連書籍

関連記事

  1. 他者への“優位性”がヒトの人格を歪める。
    「パワハラ」がう…
  2. 【特集】宇宙・地球・生命・人類の誕生と起源、進化の137億年の歴…
  3. よくわかる心理学講座 vol.24~「精神力動的心理療法」ってな…
  4. 飼い犬と飼い主の絆に迫る「ペットの脳科学」
    ~イヌとヒトの…
  5. なぜ脳は左脳と右脳に分かれているのか
  6. よくわかる心理学講座 vol.18~リーダーシップに役立つ 「パ…
  7. よくわかる心理学講座 vol.17~成人期の人間関係を決める 乳…
  8. よくわかる心理学講座 vol.20~「心理検査」や「適性検査」っ…
PAGE TOP