コラム

よくわかる心理学講座vol.1~マズローの欲求5段階説って、なに?~

 「マズローの欲求5段階説」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。これは、1943年に心理学者であるアブラハム・マズローが提唱した「欲求の階層モデル」です。
 この階層は、以下のようなピラミッド型をしています。下の階層の欲求が満たされると、ひとつ上の階層の欲求を満たしたくなるという考え方です。

①生理的欲求

 食事や睡眠、住まいなどのいわゆる「衣食住」を確保したいという欲求で、ヒトとして最も根本的な欲求です。

②安全の欲求

 健康や十分なお金、将来の安定など、不安なく今や未来を過ごせるという欲求です。

③愛と所属の欲求

 家族や友人、または恋人などとの関係を通じて、心を満たしたいと考える欲求です。

④評価の欲求

 周囲の人から認められたり褒められたりしたいという欲求です。

⑤自己実現の欲求

 自分の目標を達成し、自分の能力が最大限に発揮したいという欲求です。

一番上の欲求にたどりつくのは難しい?


 欲求の階層モデルを提唱したアブラハム・マズローによると、一番上の段階に到達している人は全体の1%しかいないそうです。これは、一度満たした欲求でも、場合によっては再び振り出しに戻ってしまうことがあるためです。
 たとえば、健康で仕事もある人は下から2段目の「安全の欲求」が満たされている状態ですが、大きなケガや病気をしたり、会社をクビになってしまった場合は再び健康や仕事を手に入れなければ不安は収まりません。同様に、仲間や恋人がいる人は下から3段目の「愛と所属の欲求」が満たされていますが、仲間や恋人と別れてしまうこともあります。こうしたことから、一番上の欲求にたどりつくのは全体の1%になるのだと考えられます。

どうすれば一番上の欲求にたどりつける?


 大切なことは、「他人と比べすぎない」ということです。あくまで自分の幸せが何かということを考え、あまり恵まれすぎている人と比べないことが大切です。また、時間をムダにせず、毎日できるだけ努力をして、少しずつでもよいので前に進んでいくことが大切です。

関連書籍

関連記事

  1. 「好き」が生み出される心理学~単純接触効果と保有効果~
  2. 脳の疲れの原因は“デフォルト・モード・ネットワーク”
    『α…
  3. よくわかる心理学講座 vol.2~心理学者ナップの「恋愛関係の段…
  4. よくわかる心理学講座 vol.9~勉強ができないと「学習障害」な…
  5. 「暴力の人類史」にみる狂気・悪意・犯罪の脳科学・心理学
  6. なぜ女子高生の後ろ姿は美しいのか【美の想像の脳科学】
  7. 今日からできる! ストレスを打ち消すための食事と運動
  8. よくわかる心理学講座 vol.7~睡眠障害の症状や原因、治療法っ…
PAGE TOP